バイクガレージ バイク駐車場 安心安全のシェロー

シェローは当社登録商標です

0120-480-819
紹介記事一覧
MOTO NAVI 2004 Summer
月刊ジパングツーリング 2004年7月号
月刊ジパングツーリング 2004年6月号
ロードライダー 2004年6月号
パーキングプレス 2004年5月号
ビッグマシン 2004年4月号
Mr.BIKE 2004年4月号
倍倶人 2004年4月号
BDS REPORT 2004年3月号
ViBES 2004年3月号
Mr.BIKE 2004年2月号
モータサイクリスト 2004年2月号
月刊「パーキングプレス」 2003年12月号
ビッグマシン 2003年12月号
掲載記事
月刊「パーキングプレス」
2003年12月号

駐車場の計画・経営・管理・設置の専門月刊誌への掲載です。自動二輪駐車場「シェローバイクパーク」について、取材を受けました。 

● 自動二輪車駐車場「京王バイクパーク桜上水」オープン

 京王線・桜上水駅、南口から歩いて1分、線路と道路を一本隔てた好立地に9月30日、京王不動産(株)が管理・運営する「京王バイクパーク桜上水」がオープンした。これは大型自動二輪車用の駐車場で、シルバーのコンテナにブルーの「KEIO」のロゴマークが入った、完全個室タイプの駐車用ボックスガレージ。この設備を販売しているのは、東京・渋谷のシェロー株式会社。2年前から販売を開始し、今では同社のブランド「SHELLO(シェロー)」は、大型バイクユーザーの間では名前の通った存在である。

 「京王バイクパーク桜上水」がオープンしてから1ヶ月、10月30日に現地を訪れた。

  当日、京王電鉄(株)事業推進部課長補佐・浅井祐一氏とシェロー株式会社代表・松村隆司氏にバイクパークを案内してもらい、使用方法の概要や設置状況、利用状況の説明を受けた後、あらためて駐車場開設までの経緯、現況等につきお聞きした。

最初に、京王電鉄(株)・浅井課長補佐にバイクパークの概要を伺った。


Q この場所は、駅から歩いて1分、「京王ストアキッチンコート」の隣という好立地ですが、まず、バイクパークのオープンまでの経緯、背景等をお聞かせください。

 ここは、もともと月極自動車駐車場として使用していましたが、その後、京王ストア改装工事の資材置き場になっていました。工事後、再び月極めの駐車場として利用するよりも、自動二輪車駐車場として使用したほうが収益性、新規事業創出のためいいのでは、と私どもが考え、今回のオープンに至りました。管理・運営は、関連会社の京王不動産(株)が行っています。


Q  すでに、八幡山にバイクパークをオープンされていますが、そちらとの比較はどうですか?

 こちらは八幡山駅と芦花公園駅との間の引込み線の高架下に、プレハブ式の施設で営業しています。12区画で稼働率は100%です。
  そこで第2号店の候補地を探していたのですが、マーケティング・リサーチをかけて、ハーレーやBMWなどの輸入大型バイクのオーナーが住んでいる地域を探したところ、世田谷・杉並地域が多い、ということが判明しました。その沿線に点在しているいくつかの候補地の中から、最終的に現在の場所に決定しました。設備に関しては、デザインが優れており納まりがいい、ということもありシェロー株式会社さんのコンテナタイプに決めました。


Q  自動二輪車駐車場というと、東京都では品川区や八王子市などでも整備していますが、このようなコンテナタイプでセキュリティ面でもしっかりした駐車場は、まだまだ少ないように思います。

 確かに、私どもはお客様から大事な自動二輪車を預かって保管しているわけですから、安全面では一番気をつけなければならないと考えています。大型バイクは価格的にも乗用車と同等かそれ以上の価値のものがあります。そういったユーザーの方の安心・安全面を確保することが、第一の目的だと思っています。
  セキュリティ面では、鍵が全部で3つかかるようになっています。また、コンテナ内にも、警報システムを設置しています。
  内部の棚には、ヘルメットや小物なども収納可能です。利用者によっては、内部の空間に写真を飾ったりして自分の隠れ家的な雰囲気を演出して楽しんでいる方がいらっしゃるようです。


Q  自動二輪車駐車場の需要はどのようにお考えですか?

 私どもでは、保管スペースがないのでオートバイを持っていない、という方もかなりの割合でいらっしゃると考えています。そのような方も積極的に取り入れていき、潜在的な需要を掘り起こせば、相当有力なマーケットだと思います。従来、大型バイクというと、一部のマニアや暴走族的なイメージがありましたが、時代も変わってきて違う捉え方をしなければならないと思います。最近は、自動二輪車でも駐車違反のキップを切られるケースも増えてきているようで、そういった観点からも駐車場の役割は大きくなってくるはずです。


Q  日本自動車工業会でも「バイクは街のスマートビークル」というパンフレットを新しく作成するなど、街を移動する手段としてのバイクの利点を強調しています。官庁、民間を問わず設備や管理形態の違いはあるものの、自動二輪車を受け入れる駐車場を整備してきています。今後の方向性をお聞かせください。

 自動二輪車駐車場は四輪車と比べて、狭い土地や不整形な土地の活用方法として、大変有効だと思います。ですから、私どもが保有している土地利用だけでなく、第3者物件も積極的にアプローチしていく方針です。今後5年間で世田谷、杉並、新宿周辺など区部を中心に15物件を目標にしています。もともと、私どもは収納(クローゼット)事業を展開していましたが、その延長線上に自動二輪車駐車場事業がある、と捉えています。



Q  では、続いて設備を提供されたシェロー株式会社の松村社長にお伺いします。まず、この自動二輪車用ガレージ事業を始められた経緯からお願いします。

 この事業を始めたのは約3年前からです。実は私自身がバイクを盗まれた経験がありまして、それが一番大きなきっかけとなりました。鍵を4種類かけていたにもかかわらず、盗難に遭ったのです。盗難保険に入っていましたから、代替のバイクは届いたのですが、今度はそれをどこに保管しようか、と悩みました。路上はあぶないので四輪の駐車場に置こうと考えたのですが、逆に目立ってしまい危ないということに気がついたのです。それでは、自分で設備を造ってしまおうということで事業化に踏み切ったわけです。
  特に都会では、大型自動二輪車を置いておくスペース、駐車場が絶対的に少ないのが現状です。そこで、例えば渋谷の道玄坂などでは、ゆるい登り坂の端に大型自動二輪車を並べて置いてあるのを見かけますが、一台が倒れると将棋倒しのようになってしまい、非常に危険です。
  狭い土地や使いづらい土地でも、このガレージを使ってバイク駐車場として活用していただけると思います。


Q  特にこだわった点や工夫した点はございますか?

 ひとつには、デザインです。専門のデザイナーと契約し外観、そして内部のレイアウトなども工夫して「シェロー(SHELLO)」というブランドで始めました。技術的には、すべてのバイクに対応できなければいけないので、大きさ、それから大型バイクですと400キロを越える重量のものもありますから、それに耐える床構造・品質でなければならない。また、排気口、排水口も備えなければなりませんので、そういった点も含めて市場に提供できる商品を完成させたわけです。今、スクーターを含めて全国で約1,500万台といわれる二輪車、また80万台といわれる大型自動二輪車のユーザーを対象にするわけですから、準備期間も十分にとって満足できるものを目指しました。


Q  外国のバイク駐車場の状況はどうですか?

 アメリカやヨーロッパなどの自動二輪車先進国では、こういった設備も日本よりは進んでいます。もともと、箱型の設備というものは造りやすい面があります。ただ、それを実用に見合うようにして、商業ベースに乗せるという面が難しいわけです。1、2年で壊れてしまってはいけませんから、丈夫な造りであることは最低条件です。私どもの製品は、10年の保証をつけています。


Q  製品のバリエーションはどうですか?

 最初に造ったのが、カスケード工法による「ベーススタイル・ガレージ<シェロー>」です。これは、一枚鉄板を蛇腹にして造ったもので、重みに対する耐久性が優れています。丈夫なので、特に冬季に降雪量の多い地域などで、その威力を発揮して保管に最適です。その他、2台収用可能な「シェローW」、また、シャッター扉をつけた「シャッター・シェロー」もございます。今回この京王電鉄さんの駐車場では「BOXシェロー」を収めさせていただきました。また、アメリカから輸入したポータブルタイプの「サイクル・シェル」という製品もあり、私どもが日本での総販売・輸入元として提供しています。


Q  販売・営業先としては、こういった駐車場の他に、個人客もあるわけですね。

 はい。最近はそういったお客様も増えてきています。大手ハウスメーカーさんから問い合わせもあり、私どもは個人客に販売するのではなく、ハウスメーカーさんに販売する形になります。お客様で、デザイン的に気に入ってくださる方も多く、都内に限らず日本全国から問い合わせや注文があります。


Q  自動二輪車駐車場の市場性について、どのようにお考えですか?

 変形土地や、狭い土地でも有効に使え事業化が可能、という点で不動産の有効活用には大変有力だと思います。
  10月1日には、埼玉の川口で「シェロー・バイク・パーク川口」をオープンしました。こちらは監視カメラ付きで、桜上水と同様、「BOXシェロー」を納めさせていただきました。
  大型バイクユーザーの需要も多く、日本での整備状況と合わせ、これからの市場性はかなり大きいと見ています。


本日は、誠に有難うございました。

● 写真キャプション

▼ BOXシェロー
ボックスガレージ「SHELLO」内部のようす。作りつけの棚にヘルメットや小物などが置け、サイドフックにウェアーも掛けられる。

南京錠は2個付いており、門扉の鍵と合わせ3つの鍵でセキュリティも万全。

▼ 京王バイクパーク桜上水
外観。好立地に『KEIO BIKE PARK』のロゴが入ったバイクガレージが並ぶ。現場据え置きタイプなので、土地の用途変更にも対応は容易だ。

駅前の線路沿いの道路脇、「京王バイクパーク桜上水」の看板が人目を引く。桜上水駅まで歩いて1分。京王ストアのすぐ近くで立地条件としても非常に便利。

(パーキングプレス 2003,12)

商品紹介 | シェローバイクパーク | バイク駐車は大問題 | 雑誌メディア | 会社案内 | よくあるご質問

このサイトについてサイトマップ